遅延型フードアレルギー検査

「遅延型フードアレルギー検査」とは
~血液検査でわかる”隠れアレルギー”検査~

遅延型フードアレルギー検査「遅延型アレルギー」とは、食べたあとすぐには反応が出ずにゆっくりと時間が経ってから症状がでるもので、本人はアレルギーの症状である事に気づかないことがあります。

遅延型アレルギーの反応は比較的目立たず、また、原因となるアレルゲンと接触して数時間から数日経って初めて反応が出ることから原因の特定が難しいのです。

「遅延型食物アレルギー検査」では、食後数時間から数週間以上経ってから現れるアレルギー反応を調べます。※計96品目の食品についてのアレルギー検査をおこない、症状の原因が食品にないか検査を行います。

どのような症状?
~遅延型フードアレルギーで起こる症状とは~

アレルギーといえば普通はくしゃみや鼻水、目がショボショボ。何か食べた後にでる”じんましん”・・などが「即時型アレルギー」の症状で、すぐに体の異常反応がでてくるタイプのアレルギーです。

一方、遅延型アレルギー反応は、多くの場合、食物アレルゲンに対する過敏性からきています。
このタイプのアレルギーは、よく「隠れアレルギー」と呼ばれます。慢性疲労、じんましん、湿疹、過敏性腸症候群、その他、多くの慢性症状が、遅延型のアレルギー反応であることに気づかれないまま放置されていることがあります。驚くかもしれませんが、大好物や毎日食べている食べ物の中に、強いアレルギー反応がみられる場合が少なくありません。

遅延型フードアレルギーで起こりうる症状

皮膚症状など外皮系 肌荒れ、じんましん、皮膚炎、むくみ、
発汗過多
消化器系 吐き気、嘔吐、腹部膨満感、下痢、便秘、
過敏性腸症候群
呼吸器系 鼻閉や鼻汁の症状、喘息、副鼻腔炎
精神・神経系の症状 集中力の低下、情緒不安定、疲れやすい、
不安、憂鬱
筋・骨格系 筋肉痛、関節痛
泌尿器系 頻尿、尿意切迫
その他 慢性疲労、倦怠感など

オゾン療法の新たな試み ~オゾン療法併用 改善例~

オゾン療法併用 改善例

上記の2つの遅延型フードアレルギー検査結果は49歳の男性が「卵白」「卵黄」で「強」陽性(反応クラスⅤ)のアレルギー反応がみられた(H24.4月検査)結果とその1年4ヵ月後、オゾン療法を実施した後(H25.8月検査)の結果です。

3ヶ月程度の食事制限(「強」陽性反応が出た原因物質の接種の機会を減らすこと)と、2週に1度のオゾン療法を約1年4ヶ月行った結果、「強」陽性反応が出ていた「卵白」「卵黄」のアレルギー反応クラスが「卵白」(Ⅴ⇒Ⅳ)、「卵黄」(Ⅴ⇒Ⅲ)共にアレルギー反応数値が下がり、検査結果に明らかな改善がみられました。

この検査で強いアレルギー反応が見られた場合は通常、カウンセリングを行ない、食事のローテーション(特定品目の摂取する機会を減らす)や、一定期間の摂取を完全に中止するなどの指導を行い、免疫反応を鎮静化させますが、「アレルギーの原因となるものを避ける」ということは実際、難しいのが現実です。そこで、もうひとつの手段として、アレルギーの反応を起こす部分に変化を与える、つまり積極的な病因へのアプローチとして「免疫反応を調整する」オゾン療法を併用することにより、遅延型フードアレルギー症状の改善が期待できます。

オゾン療法は、自己免疫疾患(リウマチ、SLE、潰瘍性大腸炎)の治療としても用いられています。病気が発生するメカニズムには様々な要因が関与しますが、自己免疫疾患と遅延型フードアレルギーでは、そこで起こっている免疫反応のパターンは同じタイプの反応(Ⅲ型アレルギー反応)が関わっていることがわかっています。よって、オゾン療法がもたらす免疫調整作用を用いることで、遅延型フードアレルギーの反応を抑えることが出来ると考えます。アレルギーの反応を起こす部分に変化を与える、つまり積極的な病因へのアプローチとして、「免疫反応を調整する」オゾン療法は、遅延型フードアレルギー症状に対する体質改善が期待できます。

検査流れ

STEP I 問診・血液検査
当クリニックで提供できる「遅延型食物アレルギー検査」では、食後2時間から数週間以上経ってから現れるアレルギー反応を調べます。計96品目の食品について分析した検査を行います。

STEP II 医師とのカウンセリング
医師によるカウンセリングです。
検査結果に基づいて、食事のローテーション(摂取する機会を減らす)や、一定期間摂取を完全に中止するなどの指導、改善(治療)アドバイスを行います。
必要に応じて、アレルギー改善および栄養状態改善のための提案をさせていただくこともございます。

遅延型フードアレルギー検査結果説明レポート

遅延型フードアレルギー検査結果説明レポート

遅延型フードアレルギー検査結果説明レポート

遅延型フードアレルギー検査結果説明レポート

料金

※表示の料金はすべて税込になっております。

継続して治療を受ける場合はプリペードカードがお得

購入金額 30,000円 50,000円 100,000円 200,000円 300,000円
利用可能額 31,500円 52,500円 110,000円 230,000円 350,000円

※がん治療、保険診療には利用することができません。
※キャンペーン価格など一部適応外の場合がございます。
※チャージされた金額の返金・換金などは承ることができません。
※プリペイドカードのお預かりサービスも行っております。
※その他詳しくは、当センターまでお問い合わせください。
※チャージせずに単に診察券としてのご利用もできます。

IgG96スタンダード・フード・パネルでチェックできる食品96種

乳製品 カゼイン、チェダーチーズ、カッテージチーズ、牛乳、ホエイ(乳清)、ヨーグルト
フルーツ リンゴ、アボカド、バナナ、メロン、チェリー、ココナッツ、赤ブドウ、グレープフルーツ、キウイ、レモン、マンゴー、オレンジ、パパイヤ、モモ、パイナップル、イチゴ、スイカ
ナッツ・穀類 アーモンド、あずき、玄米、カシューナッツ、蕎麦、トウモロコシ、小麦グルテン、キドニー、豆、緑豆(マング・ビーンズ)、オートムギ、ピーナッツ、ピスタチオ、白米、ライムギ、ゴマ、大豆、クルミ、全粒小麦、さやいんげん
野菜 たけのこ、もやし、ニガウリ、ブロッコリー、キャベツ、にんじん、カリフラワー、セロリ、きゅうり、ナス、ニンニク、ピーマン、昆布、にらネギ、レタス、マッシュルーム、オリーブ、タマネギ、かぼちゃ、ほうれん草、さつまいも、トマト、じゃがいも
肉類 牛、鶏、鶏卵(卵黄)、鶏卵(卵白)、ラム、豚
シーフード あわび、ハマグリ、タラ、カニ、イカ、牡蠣、鯛、サーモン、スズキ、エビ、マグロ、ホタテ貝
スパイス カレーパウダー、しょうが、マスタード、黒胡椒、チリ、バニラ
その他 製パン用イースト、醸造用イースト、カカオ、コーヒー、蜂蜜、さとうきび、緑茶

当メニューは完全予約制となっております。
ご予約は、0120-474-7700 まで

Top