あなたの生きる力を引き出す「がん治療」

統合医療センターの2つのアプローチ

新しいがん治療の選択肢

標準治療は、目の前にある危機を回避するための即時的な対応法として有効な方法です。つまり、放置すれば生命に危機をもたらす可能性があるがん細胞を取り除き、殺傷することによりこの危機を回避しようとするものです。しかし、正常な細胞をも同時に痛めてしまうため、身体への影響は少なくなく、適応の範囲にも限りがあります。

その中で、正常な細胞への影響や副作用など身体への影響が少なく、これまで標準治療が適応にならなかった方も含めて、あらゆる進行度においてより多くのがんの種類に適応ができる治療が求められます。

標準治療と先端治療

そこで当クリニックでは、即時的な対応法としてのがん治療は多くのエビデンス(証拠)に基づき、科学的な裏付けのある標準治療に委ねるとして、がん発生のそもそもの原因となる人間が本来持っている、がんの発生を抑制するための仕組みに注目し、より根本的な治療のアプローチを提供しております。

1つ目は、「遺伝子」からアプローチする「がん遺伝子治療」。2つ目は、「免疫」からアプローチする「免疫治療」です。「遺伝子」と「免疫」は私たちの身体が本来持つ、がんの発生を抑制する機能の両輪を成します。元々、身体が持っているシステムに根差した治療であるので、身体への影響が殆どなく、適応のがんの種類と進行度が広いというのが大きな特徴です。

遺伝子からのアプローチと免疫からのアプローチ

また、標準治療との組合わせにおいて「がん遺伝子治療」は、抗がん剤や放射線の効果を高める作用を、「免疫治療」は標準治療の副作用を和らげる効果があります。加えて、いずれの治療も目に見えない微細ながん細胞を叩き、再発や転移を予防するにも有効です。

がん治療ホットライン 0120-232-255

Top