あなたの生きる力を引き出す「がん治療」

統合医療センターのがん治療

知ってるようで知らない
がんという病気の原因について…
知れば見えてくる新たながん治療の可能性

身体は約60兆個の細胞からできている

私たちの身体は、約60兆個の細胞からできています。そして、細胞は細胞核の中にある遺伝子に書き込まれたプログラムを元に適切にコントロールされています。

細胞は毎日ダメージを受けている

細胞は、様々な外的要因により細胞にダメージを生じます。主な外的要因としては、喫煙や飲酒、食生活、食品添加物・環境汚染物質、薬品やウィルス・ホルモン・紫外線・放射線等があげられます。

がん発生の要因

細胞は自らの力でダメージを制御している

細胞はダメージを受けたとしても、細胞自らの力で増殖を停止させ、修復や自死(アポトーシス)をさせることができます。ダメージを受けて壊れた細胞を放置して、身体の機能に影響を及ぼさないよう制御しています。

細胞の数は遺伝子により適切にコントロールされている

正常な細胞は、遺伝子に記録されたプログラムにより、細胞分裂の回数が決められており、一定の回数が来ると細胞は分裂を止めて自死(アポトーシス)します。こうして身体の細胞は、常に新しい細胞に置き換えられていくのです。細胞の数は、必要に応じて適切にコントロールされています

細胞は遺伝子でコントロール

がん遺伝子

細胞の中にある遺伝子のうち、傷ついて異常をおこすと細胞をがん化させる遺伝子のことを「がん遺伝子」と呼びます。元々、がんを発生させる遺伝子ではなく、細胞の増殖を促す大切な遺伝子です。

しかし、この遺伝子が壊れてしまうと増殖のアクセルが踏みっぱなしの状態になり、制御を失って増殖をし続けることになってしまいます。

がん抑制遺伝子

がん遺伝子が細胞の増殖を促す遺伝子であるのに対して、そのブレーキにあたる遺伝子が、「がん抑制遺伝子」と呼ばれます。元々、細胞のダメージに対し増殖を停止したり修復を行ったり、自死(アポトーシス)を促す大切な遺伝子です。

しかし、この遺伝子が壊れてしまうと、細胞のダメージを修復したり、自死(アポトーシス)させることができず、ブレーキが利かないまま問題を放置することになり、その増殖を止められなくなってしまいます。

がん遺伝子とがん抑制遺伝子

健康な人でも1日に約5,000個のがん細胞が発生

がん遺伝子やがん抑制遺伝子などの遺伝子が複数壊れることで、壊れたまま無限に増殖する状態の細胞(がん細胞)が発生します。しかし、これですぐにがんという病気になるわけではありません。

実は、健康な人でであっても、1日に約5,000個のがん細胞の発生を許してしまっていると考えられています。では、なぜ私たちは全ての人ががんになる訳ではないのでしょうか?

答えは、身体の持っている免疫の働きにあります。細胞の外にある免疫細胞が、毎日5,000個もの発生を許してしまったがん細胞を攻撃してくれているのです。

がんと免疫

免疫は、元々身体にとって有害な病原体などを監視し、攻撃や排除をします。免疫はそれだけでなく、身体の中で生み出されたがん細胞などの異常な物質も攻撃し、健康な状態を守ってくれています。

免疫細胞の働き

免疫があるのになぜがんが発生するのか?

がんは、毎日免疫により攻撃される中で、自らを守る機能を身に付けていきます。免疫が攻撃する目印となる「抗原」を隠したり、消し去ってしまったり、免疫を抑制する物質を自ら生み出して免疫からの攻撃を逃れようとします(免疫逃避機構)。

一方、免疫は毎日排除を繰り返す中で、免疫に弱い性質のがん細胞だけを排除し、結果的に免疫に対して強い性質をもったがん細胞だけを選別し残していくことになります。

がんの免疫逃避機構

これらの結果、通常の免疫の力で排除できないがん細胞だけが体内に温存されます。また、これらはがん遺伝子やがん抑制遺伝子が壊れた状態にあることから、コントロールを失ったまま無制限に増殖を繰り返します

つまり、これががんという病気なのです。

遺伝子と免疫はがん発生の抑制メカニズムの両輪

このように細胞の中におけるがん抑制メカニズムとしての「遺伝子」と細胞の外にあってがんを排除する「免疫」は二重のセーフティネットとしてがんの発生から私たちの身体を守ってくれています。

身体本来の機能に根差した新しいがん治療

遺伝子や免疫などの身体本来のがん抑制機能に根差して根本的にがんを治療する新しいがん治療に注目が集まっています。

まず、壊れてしまったがん細胞におけるがん抑制メカニズムを回復させることにより、細胞本来の力でがん細胞の増殖を停止し、自死(アポトーシス)に導く治療として世界的に期待されているのが「がん遺伝子治療」です。

また、がん細胞を攻撃するための免疫細胞の力を強力に高めていくことで、がんを排除していく治療として日本でも広く行われているのが「免疫細胞療法」です。

がん治療ホットライン 0120-232-255

Top