あなたの生きる力を引き出す「がん治療」

がん遺伝子治療

がんの原因の根本を断つ
遺伝子治療が拓く
新しいがん治療の可能性

世界に広がるがん遺伝子治療

1990年、米国にて世界で初めて遺伝子治療が行われてから四半世紀。この間、世界中で多く研究がすすめられ、特定の遺伝性疾患に限られていた治療の領域もあらゆる難治性疾患にまで広がっています。

特に遺伝子の異常が発生のメカニズムに深く関わる「がん(悪性新生物)」の治療については、遺伝子治療研究の対象疾患の64%を占め、多くの研究が行われ複数の国で承認製剤が発売されるに至っています。

~がん発生の仕組みとがん遺伝子治療~

細胞は毎日ダメージを受けている

ヒトの身体を構成する細胞は、化学物質・放射線・紫外線・ホルモンなど絶えず様々な刺激に晒されています。これらの刺激により、細胞が破壊されると細胞のがん化要因となっています。

しかし、毎日絶えず押し寄せるこれらの刺激によって細胞が都度がん化することとなってしまっては、ヒトはこの環境を生き抜くことができません。

実は、細胞には細胞が破壊されても、細胞のがん化を防ぐ機能が備わっています。

この機能は、細胞内の遺伝子にプログラムされており、このプログラムが個々の細胞において毎日適切に働くことで、私たちの身体は「がん」の発生のリスクから守られています。

がん抑制遺伝子とは

細胞のがん化を抑制するメカニズムが、プログラムされた遺伝子をがん抑制遺伝子といいます。がん抑制遺伝子は細胞のがん化を未然に防ぐ働きをもった物質(がん抑制遺伝子産物)を作ることにより以下のような働きをします。

がん抑制遺伝子のはたらき

  • 細胞の増殖を停止する
  • 壊れた細胞の機能を修復する
  • 細胞を自殺させる(アポトーシス)

がん抑制遺伝子

結果、がん細胞の発生はがん抑制遺伝子の働きによって、細胞にとって刺激の多い環境下にあっても、がん化を抑制し正常な状態を保っていけるようになっています。

がん抑制遺伝子の限界

しかし、がん抑制遺伝子の働きにも限界があります。生活環境下において絶えず細胞が晒されている刺激により、がん抑制遺伝子自体が破壊されてしまったケースです。がん抑制遺伝子は本来の働きを喪失し、壊れたまま放置された細胞は制御を失い無限に増殖を続けます。

つまり、これががん細胞の発生です。

がん抑制遺伝子の限界

壊れたがん抑制遺伝子の機能を回復するがん遺伝子治療

がん細胞では、がん抑制遺伝子(複数の種類がある)のうちいくつかが壊れており、その壊れた遺伝子の情報を複製しながら増殖していきます。

がん遺伝子治療は、一度失われた、がん抑制機能の回復のため、がん抑制遺伝子を再びがん細胞へ導入する治療です。がん抑制遺伝子の投与により、がん細胞は本来のがん抑制機能を回復し、がん細胞の増殖を停止し、細胞の自殺(アポトーシス)に導きます。

がん遺伝子治療の仕組み

【特徴1】治療による苦痛や副作用を伴わない

がん遺伝子治療では、がん抑制遺伝子を、運び役となるベクターに入れて点滴等の方法で体内に投与します。がん遺伝子治療は、もともと体内に備わっている遺伝子を投与するので、治療による副作用がほとんどありません。※多くの場合は、通常の生活をしながら通院で行われます。

※ごく稀に、微熱や悪寒などの症状が発生する場合がありますが、これまでに重篤な副作用の報告はございません。

【特徴2】末期がんから難治性のがんまで適応の幅が広い

がんの種類や進行度、他治療との併用など適応の幅が大変に広いのも特徴です。特に、末期(ステージ4)などで余命を言い渡された、緩和ケアを勧められてから治療を始められたケースでも多くの著効例が得られています(症例参照)。

がん遺伝子治療の症例はこちら

当クリニックにおけるがん遺伝子治療実績

適応可能ながんの種類
(転移がんも可)

大腸がん 胃がん 肝がん 食道がん 胆道がん 肺がん 乳がん 子宮頚がん 子宮体がん 卵巣がん 胆道がん 膵臓がん 腎がん 膀胱がん 前立腺がん 口腔がん 咽頭がん 神経芽腫 甲状腺がん メラノーマ 悪性中皮腫

※脳腫瘍など一部特殊ながん・小児がんは当クリニックでは適応外としております。詳しくはお問い合わせください。

【特徴3】他治療との併用により治療の効果を高められる

もちろん、抗がん剤や放射線などとの併用も可能です。がん遺伝子治療は多くの症例で抗がん剤や放射線治療の効果を高めるという結果も多数報告されています。

特に抗がん剤や放射線の治療前もしくは治療間にがん遺伝子治療を行うことで、これらの治療成績が上がることが分ってきております。これまで標準治療のみでは適応ができなかった末期がん患者様においても、がん遺伝子治療と組み合わせて行うことでこれらの治療の効果を高めたり、抗がん剤の投与量や放射線の照射量を軽減し、副作用を軽減するなどの可能性もございます。

がん遺伝子治療と抗がん剤・放射線治療併用による治療実績

がん遺伝子治療の症例はこちら

【特徴4】がんの種類に合わせたテーラーメード型の治療

当クリニックのがん遺伝子治療は、国内医療機関最多の5種類の遺伝子から、テーラーメードで治療提案しております。がんの種類により壊れやすい遺伝子は特徴があり、複数の遺伝子を用意して、患者様の「がん」の種類に合わせてこれらを組み合わせて治療します。

当クリニックで使用する遺伝子

【特徴5】院内研究施設併設で高い品質と安全性を確保

より品質の高い遺伝子を最適の状態で患者様に提供するために、当クリニックは院内に研究施設を併設しています。研究所とクリニックは同じ建物内にございますので、随時研究所の見学も可能です。

院内研究施設

【特徴6】通院が難しい患者様のご自宅への往診が可能

当クリニックでは病状や遠方等の理由で通院が難しい患者様に対して、往診での治療も行っております。地方の方もどうぞお気軽にお問い合わせください。

がん遺伝子治療の費用

がん遺伝子治療は、テーラーメイド型のがん治療です。治療方法(点滴など)や治療に使用する遺伝子の種類、また1回あたりに使用する遺伝子の量、そして治療回数、によって決まってまいります。また、患者様のご都合やご病状に合わせて柔軟に治療が行えるように1回、3回、6回、12回のプランを設けております。

がん遺伝子治療の費用

がん遺伝子治療は、自由診療となりますので治療費は全額自己負担になります。ただし、自由診療は医療費控除制度の対象となっております。また、お支払いには各種クレジットカードをお使いいただけます。

クレジットカード

まずは無料の電話相談から…

がん遺伝子治療に関わる、ご相談お問合わせなどは下記フリーダイヤルまでお電話ください。当クリニックでは、電話相談からクリニックでの医師と直接のご相談まで、治療開始まで一切の費用がかかりません。まずはお気軽にお問い合わせください。

治療のながれ

がん治療ホットライン 0120-232-255

Top