リバーシティクリニック東京 統合医療センターのがん治療

p53【遺伝子の司令塔】

p53は、細胞がストレスやDNA損傷などの「危険信号」を察知すると活性化するがん抑制遺伝子です。

がんを防ぐためにその他の様々な遺伝子に命令を出す司令塔の役割をするのでゲノムの守護者とも呼ばれます。

DNAの傷を認識した場合、傷を修復させたり、損傷の多い細胞にはアポトーシス(自死)させることで、がん化する前に細胞を消し去ります。また、細胞周期のG1期→S期に進める遺伝子に働きか過剰な細胞増殖を止めることでがんを抑制します。

2017.01.27遺伝子の説明

がん治療ホットライン 0120-232-255

Top