リバーシティクリニック東京 統合医療センターのがん治療

p16【細胞の問題に適切な初期対応】

p16は、細胞周期をG1期で停止させ、細胞老化を誘導します。

細胞老化とは、細胞の異常な増殖を防ぎ、発がんを予防する生体防御機構です。正常な細胞ではp16はほとんど機能していません。しかし、細胞が限界まで分裂した場合や、様々な発がんストレスにさらされた場合は、p16の発現が著しく上昇します。

多くのがん細胞において、p16の変異や活性の停止がみられます。そのため細胞の増殖を抑制できず、がんが促進されてしまいます。

2017.01.27遺伝子の説明

がん治療ホットライン 0120-232-255

Top