遅延型フードアレルギー検査

食物によるアレルギー反応には、即発性IgE抗体と遅発性IgG抗体を介在するものがあります。一般的に保険診療等で調べられるのは即発性IgE抗体検査ですが、併せて遅発性IgG抗体検査も行うことで食物による体のリスクを検査し、食生活の改善による慢性的な体の悩みの解消に役立てることができます。 また、現在自覚症状の無い方でも、将来起こりうるアレルギーや病気の原因を知ることができます。

即発性IgE抗体

このタイプのアレルギー反応は、IgE抗体の介在によるものであり、通常はアレルゲンとの接触後ただちに発症します。反応としては、喉の腫れ(呼吸困難)、じんましん、膨満感、胃痛・腹痛、喘息、突発性の下痢等が挙げられます。

遅発性IgG抗体

遅延型タイプの反応は比較的目立たず、かつ、アレルゲンとの接触後数時間から数日経って初めて反応が出ることから、原因の特定がより困難です。これら継続的に摂取し続けることで遅発性IgG抗体が作られることが分かっています。反応としては、慢性疲労、関節炎、じんましん、湿疹、頭痛、水分貯留、過敏性腸症候群、その他、多くの慢性症状が、未治療のIgG抗体の介在によるアレルギー反応であることに気づかれないまま放置されています。

遅延型フードアレルギー検査 検査結果サンプル 図 検査結果サンプル

料金

※表示の料金はすべて税込になっております。

継続して治療を受ける場合はプリペードカードがお得

購入金額 30,000円 50,000円 100,000円 200,000円 300,000円
利用可能額 31,500円 52,500円 110,000円 230,000円 350,000円

※がん治療、保険診療には利用することができません。
※キャンペーン価格など一部適応外の場合がございます。
※チャージされた金額の返金・換金などは承ることができません。
※プリペイドカードのお預かりサービスも行っております。
※その他詳しくは、当センターまでお問い合わせください。
※チャージせずに単に診察券としてのご利用もできます。

当メニューは完全予約制となっております。
ご予約は、0120-474-7700 まで

Top